<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

可愛い音がします

6月30日


そるたんの発掘写真、まだやります。

今日は、2012年7月1日の一枚です。

c0339392_11431351.jpg
この日のブログには、6月28日の写真が使われておりまして、
この写真はボツになってました。

この年の3月、前歯が1本自然に抜けて、
残ってる歯は6本になってしまった頃のそるたん。

後に全部抜歯してしまったので、
歯がしっかり見えてる写真は新鮮。
今だったら、絶対ボツにしない一枚だぞ。

ところで、その3月に抜けた歯ですが、
今はマカロン号に入ってます。
病院で抜歯した歯も、ちゃんと保管してましたが、
この自然に抜けた歯だけを持ち歩いてます。

とってもとっても小さくて、知らないうちに抜けたのに、
床に落ちた時にはっきりとした音がして
ママが回収することができた歯です。
その時の様子は、この下をクリックすると読めます。



もし音に気付かなかったら、
小さな歯は埃と一緒に掃除機に吸われてしまっていたでしょう。

そんな奇跡の音を、今も時々聴いてます。
マカロン号を振ってみると、可愛い音が聞こえます。
音色は、赤ちゃんのガラガラに似てる。
ちょっと優しい気持ちになれる音です。

by sortan | 2018-06-30 12:30 | Comments(2)

梅雨はどこへ?

6月25日


梅雨空は何処へ行ってしまったのでしょうか?
天気予報の画面では、お日様だらけです。

気分はもう7月中旬くらい。すっかり夏です。
今日の発掘写真は、裸ん坊そるたんにしましょう。


c0339392_15302626.jpg
2011年7月24日のそるたんです。

夏用のマットに腹這いになって、気持ち良さそう。


c0339392_15320973.jpg
涼しげな目元だこと!

実際より賢そうに見えるわ。
実際よりって、書いちゃいました。
そるたん、あんまりお勉強ができるタイプではなかったのよね。

この頃、数回しつけ教室なるものに行ってみたのですが、
集中力がないせいか、お教室で実力が出ない。
食いしん坊でないので、おやつへの反応も悪い。
(お肉系の普通の犬用おやつへの反応が薄くご褒美にならない)
お教室では一番劣等生で、毎回落ち込んで家路に着いたママでした。

その後、おじいたん(パパのパパ)のお家に長期お泊りになり、
そるたんのお教室通いは自然消滅。
お勉強から解放されて、のびのび生活を送ったそるたんです。

c0339392_15335948.jpg
こちらは同月15日。 タオルも気持ち良さそう。


そるたんは、要領は悪かったけど、決してバカではなかったなぁ。
優しくて、一生懸命なところもあった。
お教室で教わらないことは、むしろ良くできたとも言える。
犬としての生き方。 立派だったよ。


発掘写真には、癒しとかお笑いを求めているのですが、
作文していたらまた泣けてきちゃいました。
ここだけ雨降りです。

by sortan | 2018-06-25 16:42 | Comments(2)

対犬心配なしなそるたん

6月20日


また雨。梅雨らしいお天気です。
家から一歩も出ず、そるたん写真発掘作業してます。

こんなお天気では、そるたんはこっちに来ても
すぐ虹の橋のたもとに遊びに戻っちゃいそう。
今日のこっちでのそるたんはこんな感じかな?
(発掘したアンニュイなお顔です。)

c0339392_11352538.jpg
な~んか気分がのらないね。僕、上のランで運動して来ようかな?
おやつの時間までに戻ってこようっと。

(上のラン=虹の橋のたもと)

そるたんは、全く犬見知り(人見知りの犬バージョン)のない子だったので
あちらでは楽しく過ごせていると思います。

2011年5月24日の写真を発掘
うちの子になって初めて行ったドッグカフェで
大きめのワンコ(ボーダーコリーかな?)さんの近くに何となく立ってみる。
c0339392_12065249.jpg
どんなワンコも怖がらないそるたん。
お近づきになりたいのだけど、自分から声を掛けるのが下手なタイプで、
ねぇ、僕に気が付いてよー とウロウロ。

後に、ボルゾイさんとも一緒に楽しそうにお散歩してましたし、
そるたんは、結構な大型犬が、むしろ好きみたい。

上のランは、地上のドッグランと違って、
大型小型でゾーンが分かれていたりしないで、
(あちらでは、ぶつかっても怪我しませんから)
ちっちゃいそるたんが、大きな子の足元で走り回っているかもしれません。
(ちょっと邪魔かな)

もう少し発掘写真です。
同じカフェのミニランにて。
c0339392_12372549.jpg
ランだけど、走らずにお日様を満喫中。

c0339392_12381351.jpg
上のランは、今日も晴れてるかい?
夕方のママのお茶の時間には、忘れずにこっちに来るんだよ。
それまで、楽しく遊んでおいで。

by sortan | 2018-06-20 12:51 | Comments(4)

もうすぐ父の日なので

6月15日


昨日、横浜のお家のリビングの天井灯をLEDに変えました。
20年前の蛍光灯からのチェンジ。
とても明るくなって、
「これだったら夜でもきれいな写真が撮れるなぁ。
 何か撮りたいけど、何撮ろう?
 うーん、そるたんが居ないと、撮りたいものが全然ない!!」
と、もっと早く交換しなかったことを悔いたママです。

さて、もう新たな写真が撮れないそるたんですが、
過去にボツになった写真の発掘ならできます。

もうすぐ父の日ということで、
そるたんがパパとくっついてる写真を発掘しました。
2012年7月7日の写真です。
同じような写真が何枚もあって、当時のブログには他の写真が採用されてます。

c0339392_14403500.jpg
半分パジャマ(上だけ)でのんびりしてる休日のパパ。
ソファに座って、オットマンに伸ばした足の上にそるたん。



c0339392_14412541.jpg
パパからおやつをもらった後、横にピトッとくっついてるそるたん。



c0339392_14415468.jpg
直後、パパに撫でられてるそるたん。

気持ち良さそうで、このまま寝てしまいそうな表情。

でも、実際にはしゃきっとお顔を上げて、
1分後の写真は、1枚上の写真と同じポーズでした。

お散歩に行きたくて、 ここで寝るわけにはいかん
と頑張って起きてたみたいです。

もう少し撫でられてても良かったのにね。
パパとのスキンシップより、猫さんに会う方が大事だったのかなぁ。



by sortan | 2018-06-15 15:26 | Comments(4)

雨の日散歩

6月10日


梅雨らしい雨の一日。
気晴らしのお散歩にも行けず(傘差してまでは行かない)、
気分もどーんと沈みます。

こんな時には、可愛かった写真を見返すに限ります。

雨の日なので、そるたんのレインウエアの写真にしましょ。
過去のブログ記事でしっかり説明をしているので、
「もう一度見てもいいよ」or「読んでない」「覚えてない」
と言う方は、この下の写真をクリックしてください。
2012年1月20日の記事にとびます。



過去のブログ記事に載せなかった写真も1枚あるので
今日は、それを載せましょう。
c0339392_16431030.jpg
以前は、お顔が正面を向いてる写真の方を採用して
これはボツにしちゃったのね。
これだって、な~んて可愛いんでしょ!
2011年5月28日のそるたんですよ。

こんな可愛いイキモノを、もう一度ギューってしたいなぁ。


by sortan | 2018-06-10 16:48 | Comments(4)

ほぼ? 希望を叶えた

6月5日


もう6月になってしまいました。
明日あたり、梅雨入りしそうです。

梅雨と言えば、紫陽花。
そるたんと紫陽花の写真を今日は載せておきましょう。

c0339392_15565681.jpg
2013年6月8日のそるたんです

この頃は、まだ目が良く見えていて、
カメラのレンズが嫌いらしく、なかなかカメラ目線をしてくれなかったのに、
この日は珍しくちゃんとカメラ目線。
ただ、トリミング直前で、ぼさぼさなのが残念でした。


さて、

前々回のブログに寄せてくださったコメントへの返信ですが、
珍しく、長い作文をしたのに、送信がうまくいかずに消えてしまいました。
その時の内容を今日は書こうと思います。
(本分は、書くと同時に下書き保存されるので、
 送信に失敗しても消えないの。安心安心)

願い事って、
叶えられそうなものと、そうでないものがありますよね。

ママの願いで、叶えられそうだったのは、
「そるたんが長生きすること」で、

多分叶えられそうにないのが
「そるたんが太ること」。

そして、絶対叶えられないのが
「子犬の頃のそるたんに逢うこと」でした。

それが、そるたんは3つとも叶えてくれたんじゃないか?
って思えたんです。

「長生き」は、そのまま。
病気になって、もういつ逝ってもおかしくない状態から
とっても長く生きました。

次は、「子犬のそるたん」。
そるたんを介護している時間は、
子犬育ての疑似体験みたいでしたよ。
やっていることだけでなく、
そるたんのお顔が幼い感じになってました。
c0339392_16272055.jpg
これは2016年3月16日のそるたん

丸まったお背中が見えないので、若く見える!
正面からのお顔だと、丸顔なので
更に赤ちゃん顔でした。

残った「太ること」
これは、最後の最後に少し叶ったかな?
そるたんが亡くなる時、心臓の機能が落ちて
点滴で皮下に入れた生理食塩水が細胞内に吸収できなくなりました。
点滴は首の後ろに入れているのですが、
そこから、寝ている時下になる左腕の皮下に流れていって
亡くなる時には、左側の足(後ろも前も)がぽにょぽにょになってました。
ずっとガリガリだった前足がふっくら。
今思えば、そるたんが「太ったそるたん」をママに触らせてくれたのかもしれません。
肺にお水が溜まったりしたら、苦しくて可哀そう。
酸素室に入れたりして抱っこもできなくなるし・・・
と心配していたママ。
お水が溜まったのは、ママが触ることができる手足でした。
そるたんが、こうなるように頑張ったんじゃないでしょうか。

こんなに希望を叶えてもらえて、ママは幸せ者です。


by sortan | 2018-06-05 17:02 | Comments(2)