そるたんの視線

11月12日

特に実生活では話題もないので、いきなり発掘写真に入ります。

c0339392_10533953.jpg
2012年11月11日のそるたんです。
トリミング後の写真を撮ろうと、食パンでカメラの方を向かせようと頑張ってるママ達。

当時は、おやつの際に「お手」をさせていたようで、
ママは右手にパン、左手でそるたんの「お手」を受けるため両手がふさがっていて
カメラはパパが横から構えていた模様。

カメラ目線をさせたいのに、そるたんはママ目線になってます。
(パンをカメラの前に移動させても、そるたんの目線は誘導されず)

c0339392_10564835.jpg
もっと大きなお目目の写真が当時の採用写真で、これはボツになっちゃった。


c0339392_10572674.jpg
最初のアイコンタクトのとっかかりはパンで始めますが(1番上の写真)、
すぐにそそるたんの視線はパンではなくママの顔へ。
パンそのものを追いかけないところが偉い!

ママを見たままで差し出されたパンを食べてました。
食べる瞬間ぐらい、ママではなくパンを見てもいいのにね。

その後も、ずーっとママから目を離さず。
c0339392_10574807.jpg
勿論、ママの手にパンがあるからこんなに集中してるのですが、
とてもお利口さんに見えます。

今は、もうこんな真剣にコマンド待ちのそるたんはいません。
すっかり成長してしまって、逆にママに指示を出せる立場ですね。

今も、毎日ではないですが交換日記をしていて、
そるたんから色々と提言があります。
先日も
「今もそるたんはちゃんと近くにいるって言うけど、見えないから実感がないよ」
と泣き言を言ってたら、
「自分で可視化すればいいじゃない」と来ました。
かつての姿ではなく、今の姿だとはっきりわかるように、
飛んでるそるたんを絵に描けですと。
難題ですが、確かに良いアイディアです。
チャレンジする価値はあるなぁ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
by sortan | 2018-11-12 12:15 | Comments(2)
Commented by らむお母 at 2018-11-12 22:50 x
Commented by sortan at 2018-11-13 11:59
> らむお母様
「お手」なしで、気ままにおやつをあげている時は、
さすがにおやつそのものの方を見てたような気がします。
でも、目力の強さで比較したら、
「お手」をしておやつをもらってる時の方がより強い感じ。
ただ、純粋に集中してるのか怪しい時もありますよ。
ん?演技? ってね。

その点、らむおちゃんはぶれてないですねぇ。
死角でおねだりしてるのは、それでもいつか気付いてもらえると
無条件で信頼してるからですね。
不器用すぎるけど、何と愛すべきキャラ!
犬の鑑です。

おやつやご飯をくれるなら誰でもいい・・・。
万が一の時に、ストレス少なく環境に適応する力ですよね。
そるたんは、弱かったなぁ。
行き慣れない場所に行くと、水分補給のヨーグルトすら食べなくなったり。
下を向かないと口に入らないものは食べない傾向にありました。
ドッグカフェで出してくれるお水など、まず飲まない。
万が一の事がないうちに、そるたんが虹の国にお引越しできて良かったです。

飛んでるそるたんってねぇ・・・。難し~。
とにかく入念な資料集めから始めようと思います。
そるたん本人のジャンプ写真の他に、
思い付く色々な飛んでるものを参考に。
ダンボ、天使、天女、ドラえもん・・・。
こういう系統の飛行物体ね。

<< 森野耀平さん 紅葉狩り >>