遠くへ行かないで

7月5日


昨日今日と「そるたんロス」が復活してます。

心がざわざわして、涙腺のパッキンが劣化した? みたいな感じ。
ちゃんと蛇口が閉まり切らないで、時々 ぽたっ と水滴が・・・。

原因はこの言葉です。
「虹の橋へ旅立ちました。」

そるたんの預かりママさんの送り出したチワワのうらんちゃん
(そるたんの同窓生ですね)が亡くなったという記事を
預かりママさんのブログで読んだのがいけなかった。

「旅立ち」と言う言葉が悲しくってしょうがないのです。

旅立ってしまったら、例えそれが死別でなくても、
とても遠くへ行ってしまっておいそれとは会えないような響きがします。
輝かしい旅立ちだとしても、
送り出した方はとても寂しいお別れ。
どうにも手の届かない、はるか遠くへ行ってしまったの?
もう帰ってこないの?

いやいや、絶対そんなことはない・・・と思いたい。

実際、そるたんは時々近くにいて色々やってる感じがするし。
ずっとそばにいないにしても、しょっちゅう里帰りしてるに違いない。

お空の高いところから見守ってるだけじゃないよね。

みんなのことは高いところから見てるけど、
自由に地上にも来てるよね。


ワンちゃんが亡くなった時の
ぴったり表現が見つからないなぁ。

ちょっといいかな? って思うのは、「お空組」。

これだと、幼稚園のクラス名みたいで、
すぐ帰ってくる雰囲気。
「地上組」から進級しただけだものね。

もうないかな? うーん。

そるたんは、こんなママをどう思ってる?
今日の発掘写真にセリフをつけてみました。

c0339392_12210691.jpg
    ほいっ、今日も里帰りしてるよ。


c0339392_12212417.jpg
    戻り梅雨みたいに涙雨戻っちゃったね。



c0339392_12221057.jpg
    ねぇ、どうでもいい事をあーだこうだ考えるママの悪い癖だよ。


c0339392_12231143.jpg
    さぁ、一緒にかぼちゃ食べよう!
    かぼちゃを食べたら、元気になるよ。ね!


写真は2012年の7月4日と5日です。
似たような写真がブログにありますが、同様の物が何枚もあって、
これらはボツになってます。
もったいないから発掘しました。


亡くなったワンコ達に対して、
安らかに眠って欲しいと思う飼い主さんもいるでしょうし、
生まれ変わってまた来て欲しいという飼い主さんもいるでしょう。
私はそるたんに、ヒトでいうところの成仏をしないで、
この辺りをずっとウロウロしていて欲しいという我が儘な飼い主。

そるたんなら、許してくれそうな気がします。

うらんちゃん、虹の橋から もし 里帰りしたくなったら、
ソルテという同窓生がしょっちゅう往復してるから、
一緒にぴゅーんと来てごらん。




by sortan | 2018-07-05 13:29 | Comments(4)
Commented by らむお母 at 2018-07-06 02:11 x
「お空組」かぁ~
うん、ホントに幼稚園のクラスみたい!

びったりの表現か。。。

うーん。。

ぴったりの表現、、どころか

お空とか虹の橋とか言われても
そもそも隣にいない事に慣れないだろうし
それはいつまで経っても慣れないんだろうし

さわりたい
暖かさを感じたい
抱きしめたい
しゃべりかけたい
見つめたいし見つめ返して欲しいし
一緒に寝たい
お散歩だっていつも一緒に見てた景色がいないだけで変だろうし
うんちだってしっこだっていくらでもキレイにしてあげたい

そこにいるはずの子が
いないなんて・・

信じられないのは当然だから、、

ぴったりの表現なんて、ある訳ないのかも?

ひったりの表現はないけど
私も、成仏しないでそこらへんうろうろしててもらいたい派なので
もう、
幽霊組でも
新幹線組(ぴゅーんと往復するから)でも
マカロン組(マカロン号に乗って移動するから)でも
タケコプター組(お空との往復だとタケコプターが良さげだから)でも
なんなら
どこでもドア組でもいんだけど(もちろん虹の橋と家がどこでもドアで繋がっている)
もはやドラえもんになってしまってるけど

どこか遠くにいるなんとか組ではなく、
いつでも往復出来る感じで!
「往復組」なーんて、いかがてすか?


今日は、そるたんママさんと一緒に涙腺の崩壊にお付き合いしますよ(*^^*)
だからいくらでもそるたんの自慢話してください!
私達我儘なママは、私達がお空に召された後は、もう
「往復組」は卒業よ! 一緒に虹の橋を渡るんですからね、とか言い出すんですよね(笑)
でもって、そるたんは
ほんまにもぉ~とか言いながら、ママについて行くんです
もちろんらむおも、はいはいとか言いながらついて来てくれるでしょう。

そるたんと言う素敵なパートナーに出会えたからこそ
犬を迎える事のすばらしさを知った訳で
そるたんもママさんの所に来て
家族の温かさを知った訳で
その思い出はお互いの中で永遠です!(*^^*)

カラ元気出す必要はないけど、
きっとそるたんが一番願ってるでしょう。
ママさんが1人で悲しみに打ちひしがれる日がなくなりますように。。
Commented by sortan at 2018-07-06 10:13
> らむお母様
お付き合いくださり、ありがとうございます。
ありがたくて、読み始めてひと泣きしました。

それにしても、たくさんのアイディア、すご~い。
そうそう、こんなのを探してたんです。

さすがに幽霊組は嬉しくないけど、
ドラえもんシリーズはなかなか良いです。
やっぱり楽しそうな要素は必須だもの。

そして、お薦めの「往復組」。

おぉっ! って思いましたよ。
意味はばっちり。
ただ、ちょっと真面目過ぎる感じかな。
この線で更に頭をひねってみました。
現時点でたどり付いたのは「シャトル組」。
シャトルバスのように気軽にちょいちょい往復し、
スペースシャトルのように高速で空を飛び、
バトミントンのシャトルのように軽量。
ただこれは、ラケットでひっぱたかれる連想が足を引っ張るのが問題だ・・・。
いかーん、ハエたたきが目に浮かんじゃった!
乗り物感を出したら大丈夫かな?

てことで、地名を入れてみる?
「虹の橋シャトル組」とか。

もうこれ以上ピッタリの言葉が見つからない
と言うところまで、まだまだ考えてみますね。


Commented by らむお母 at 2018-07-06 23:44 x
「虹の橋シャトル組」かわいい!!(*^^*)

幼稚園の送迎バスみたいなシャトルバスに乗って毎日往復してる感じ!!
バドミントンのシャトルは、、確かにハエたたきっぽいニュアンスもあるけど(笑)
シャトルだけじゃなくて「虹の橋シャトル組」ならちゃんと分かるし!

ちょっと長い?
なら、略して「虹シャト組」?

ん?
もはや何だかよく分からん( *´艸`)ぷっ
Commented by sortan at 2018-07-07 11:08
> らむお母様
おおぉ!

良いではないの~。

確かに、何だかよくわからんけど、短いほうが可愛い。

「虹シャト組」
説明を読まないと意味が良くわからないのは、逆にいいかもしれないぞ。

もし、もし、この言葉が他の人にも使ってもらえるようになったら、
将来ウィキペディアに載っちゃうかもね。(←妄想癖爆発中)

「シャト」っていうところ、「里」の意味も入ってる響き。
虹の橋のたもととお里(家族のいる家)の間を往復してる感が出ます。

虹の橋のたもとにいる動物達の中で、
里帰りのためのシャトルバスの乗り放題パスを利用しているグループ。
シャトルバスは24時間営業。利用回数無制限。
所要時間、0秒。(瞬間移動ね)
パスの購入方法、「大好きだよ」とか「会いたいね」と言ってもらう事。
有効期限、家族が虹の橋に来るまで。

妄想が膨らみすぎちゃって、自分がお婆さんになった時まで想像してしまった。
そるたんが、遠距離介護のためにバスに乗ってる図。
世話の焼けるママでごめんよ、そるたん。
<< 言葉探し 可愛い音がします >>