ありがとうそるたん

2月15日


そるたんの心臓、本日午前11時40分頃活動を停止しました。
正確な時間がわからないのが、何とも残念なママです。

今日のブログのタイトルや書き出しを色々考えたのですが、
例えば「そるたん天使になりました」とか、
「そるたんお空にお引越し」とか・・・。
どれも、ピンとこないのです。

まだ、そこに居るし。
ぱっと見たら、絶対まだ生きてるでしょ。
そのぐらい、今までのままの姿でいます。

ひょっとして、生きてる?

毛布をめくって手を入れてみたら、中はひんやり。
やっぱり体温はありませんでした。

でも、まだそるたんはここに居ます。

なので、「心臓が停止しました」です。


そるたんの体調が悪化したのは12日です。
12日の夕方から一晩で3回けいれん発作を繰り返しました。
と言っても、1回の発作が3分程で、
発作後の眼振も15分で治まる程度です。

でも、13日になっても不安そうな声で吠えたりが多く、
ごはんは何も食べず、
焼き芋も、ヨーグルトも、犬用ミルクも無視。
ヨーグルトのホエーに少し舌を動かしましたが飲み込んだりはせず、
舌にはちみつを塗っても全く反応なしでした。

ただ、13日日中から一度も発作が出なかったので
14日には少し元気を取り戻し、
すりおろしりんごを少し食べ、
エナジーチャージというペット飲料はぺろぺろ飲んでくれました。

そして、14日の夜に今までにない変化がありました。

昼間入れた点滴の水分が、
寝ている時下にしてる左側に溜まったままになってます。
右足はガリガリのままなのに、左の前足はふっくら太くなってました。
心臓の機能が落ちて、今までの速度で吸収できなくなってるよう。

更に、寝るころには、再びチック症状が。
発作の予兆です。

不安そうに吠えることはなかったので抱っこはせず、
すぐ隣で眠りました。

今朝は、6時半にそるたんのパクパク音で起こされました。
そこから30分間の発作。

その後も何度か長短の発作を繰り返し、
8時半にやや大きめの発作。
ゆるゆるのウンチがたくさん出て、お尻が汚れてしまいました。

可哀そうだけど、あまりにも汚いので洗面所でお尻を洗って、
お尻をしっかりくるんで抱っこ。

そるたん、体に力が入ってないし、
左前足だけでなく、左後ろ足も水分が溜まってきてる感じ。
「今日かな?」
そるたんを一人で逝かせないために、
ママはそるたんにくっついてることにしました。

ソファに座ってそるたんを胸に抱える。

10時ごろ、小さな発作時に何かを訴えるそるたん。
ちょっとウンチ出たかもね。
ま、完璧のガードしてあるから、
今は見ないでおこう。

すぐにケロッとして穏やかなそるたん。

そうだ、今のうちにお写真撮っておこう。
ママから見えるそるたんです。
c0339392_16590056.jpg
11時頃もまた同じ発作。
でも、すぐに治まったのでまた写真。
今度は横から撮ってみた。
c0339392_17050136.jpg
11時23分のそるたんです。

ママにぴったりくっついてるよ~。


そして、直後の11時30分ごろ再びの発作。
この時は、今までと違って、声を出そうとしたそるたん。
(それまでは発作中は顎をパクパクするだけで吠えず)
この発作中は アゥッアゥッ と何か訴えてます。
そのままギューッとなって、
舌が白くなって、動かなくなって・・・。

どの時点で心臓が止まったのかわからず。
数分動かなかったので呼吸や心拍が無い事を確かめ
お風呂に入れてあげました。
(やはり出てました。気持ち悪かったね)


はい、お風呂上がりのそるたん。
c0339392_17122877.jpg
ふわんふわんになりましたよ。(生きてるみたい)


c0339392_17265083.jpg
心なしか、気持ちよさそうなお顔に見えます。



今のそるたんはこちら。
c0339392_17301243.jpg
よだれかけをなくして、お洋服も取り替えました。
見てやってください、ママの力作。
c0339392_17323202.jpg
そるたんのゼッケンを刺繍しました。

虹の橋でそるたんと再会する時に見つけやすいように
背中に大きく着けといてもらいましょう。


そるたんは、2月17日お昼過ぎにお空にお引越しする予定です。
明日は、お引越し荷物のおやつやお花の用意をします。

ちゃんとママが抱っこしてる時に逝ってくれて、
ありがとうそるたん。




by sortan | 2018-02-15 17:47 | Comments(14)
Commented by らむお母 at 2018-02-15 22:17 x
そるたんへ

かっこいいそるたん
素敵なそるたん
せっかくそるたんに会えたので、らむおおばちゃん、そるたんのブログを一番最初からゆっくり読むね。
ゆっくりゆっくり読んで、もう少し、そるたんと同じ時間を過ごしてるね。



そるたんママさんへ

涙がいっぱいいっぱい出て止まらないらむお母さんです

こんなに前向きに生きてくれて
こんなに頑張ってくれて
そしてちゃーんと腕の中で逝ってくれて

ママさんの大きな大きな愛が
そるたんに通じたんですね

ホントに気持ちよさそうなそるたん
ゼッケンの刺繍も素敵!
これだったら世界に1つしかないから間違えようもない!

そるたんママが
全身全霊かけてそるたんを愛するように
らむお母さんも
全身全霊かけてらむおを愛していきたいと思っています



ママへ

もし僕が喋れたらね、絶対に言いたい事があったんだ。

あのね
僕ね

ものすごーく

幸せだよ!!
ホントにホントに幸せだよ!!

僕をママの子にしてくれてありがとう。

ママ、大好きだよ!!
これからもずっと大好きだよ!!

僕はね
虹の橋で仲間と一緒に待ってるからね
虹の橋ではね
おなかもいっぱいだし
痛い所もないし
見えるし聞こえるし
それにね、いっぱい走れるんだよ
すーんごく楽しいんだよ

だからママ
心配しないでね

いっぱい遊びたいから
早く来たら怒っちゃうよ

でも
ママが来てくれたら一番最初に見つけるんだ!
ママがどんな姿になってても
すぐ見つけちゃうんだ!

だからママ
安心してね

僕を幸せにしてくれてありがとう

そるたんより
Commented by マハロ at 2018-02-16 15:27 x
そるたん、かわいいかわいいそるたん。
そるたんのブログは、愛でいっぱいで、ママとそるたんとの交換日記のような、ラブレターのような、そんな温かい空気で満ち溢れていました。
今でも信じられなくて、涙がとまりません・・・
そるたんと偶然出会った里親会で、思わず抱っこさせてもらった小さくって優しいぬくもりを思い出しています。思いがけずその後のそるたんの暮らしを見守ることが出来て、私もとても幸せに思っています。ママさん、パパさん、あの時の小さな可愛らしい子をこんなに幸せにしてくださって、私からもありがとうございます。
身体は消えてしまうかもしれないけど、そるたんはずっとそばにいます。だってあの甘えん坊ちゃんですもの!どこにも行きませんよ。
明日は西の空を見ています。
Commented by sortan at 2018-02-16 17:35
> らむお母様

らむおおばちゃん

いっぱい応援ありがとうです。
僕、頑張って、ちゃんとママに抱っこされてる時に息を止めてみました。
その前に一回予行練習したら、
お尻洗われちゃったりで、さんざんだったけど、
本番は何とかうまくいったみたいです。

まだ、ママはブログやるって言ってます。
よかったらママの相手をしてやってね。
そるたんより


今朝、コメント返信を投稿したら、エラーで消えちゃった。
私のコメント内容にそるたんからクレームが入ったのかな?
確か、らむおちゃんの胸を借りたいとか何とか…書いたので。
そのくらい涙涙で読みました。

今はやることもあるし、そるたんの体がそばにいるので
まだ何とかなってます。
お片付けが全部終わった後がこわ~い。
絶対ペットロスになります。

きっと、我慢しないで泣いた方がいいのでしょうね。
らむお母様のコメントをプリントして壁に貼っておこうかしら。

心のこもったコメントを、本当にありがとうございます。
Commented by くりじゅん at 2018-02-16 18:00 x
涙が止まりません。
母が亡くなり、翌年にはくりがいなくなり、そして去年の春、父も突然亡くなりました。3年連続で大切な人たちがいなくなり、いまだにぽっかり空いた穴のままですが、そるたんのブログは毎日見させてもらっていました。
コメントを書こう書こうと思いつつ読み逃げしていて、ごめんなさい。
まさか、久々のコメントがこんな悲しい時になるなんて・・・

いつもいつもそるたんはなんて幸せなんだろうって、いっぱいそるたん仕様のものをママに作ってもらえて幸せだね!ってそるたんに話しかけていました。
ずーーっと見守ってもらっていて、ちょっとでも不具合があるとすぐに魔法の道具を作ってくれる優しくて頼もしいママ。
虹の橋に向かうときに、「あ、ママのお手製の歩行器、マイカーを忘れた~」って思っているかも。
でも、大丈夫だよ、そるたん。向こうでは、痛いところも苦しいところも全部治ってしまって元気いっぱいだからね!くりもいるよ!一緒に遊ぼうね!

くりがいなくなって1年半経っても、愛くるしい姿を深く思い出すと途端に涙がボロボロこぼれます。
そるたんママも我慢しないでいっぱい泣いてください。
愛情いっぱいっもらったそるたんは、本当にかわいいままでお空に行けましたね。

夜中もずっとつきっきりで看病してくれたから、ママはぐっすり眠ることがなかったでしょ?
今度は、ぼくがずっーーっと見守っているからゆっくり休んでよ             byそるたん
Commented by sortan at 2018-02-16 18:06
> マハロ様
もとから軽いそるたんが、この数日でもっと軽くなってしまいました。
亡くなる前日は、1.4キロ台だったのですよ。
何時間でも抱っこできる軽さなのに、
早々に飛び立ってしまいました。

そうですよね、立派な分離不安ですものね。
近くにいますよね。
でもねぇ、そるたんより私の方が重症の分離不安みたいです。
立場が逆転しました。
ちょっと姿が見えないだけで、わんわんです。

今、さっき焼いた焼き芋をつまみ食いさせてあげました。
お芋は少し多めに持たせてあげないといけませんね。
他の子におすそ分けできるように。

ずっと見守ってくださり、ありがとうございました。
Commented by sortan at 2018-02-16 19:05
> くりじゅん様
まだ見ていてくださったのですね。嬉しいです。ありがとうございます。
くりちゃんに、よろしくお伝えください。
「どうぞどうぞ、新入りのそるたんのお友達になってください。」と。

いっぱい泣くことにします。
経験者のアドバイスですものね。
そるたんは、ずいぶん長期間の十分な終活をしてくれました。
もう準備万端。
でも、私の気持ちだけはやっぱり準備不足でした。
何をどれだけやっても、予想以上に悲しいのですね。
めそめそが目に余るようだったら、またアドバイスくださいね。
Commented by らむお母 at 2018-02-17 12:35 x
今日の昼過ぎにお空へお引っ越しのそるたんを、
らむおとらむお母さんもお空をからお見送りをしようと
2人でお外に行って、お空を見上げてきましたよ。

そしたら
突然の

天気雨

これはきっとそるたんママさんの涙だな~と思って
らむおおばちゃんも一緒に泣いて来たよ
↑犬を散歩しながら泣いてる変なおばはんの図


今頃はもう、虹の橋を走り回ってるのかな~?
虹の橋の住み心地はどうかな?
きっと極上だよね!!

そのうち、らむおもらむおおばちゃんもそちらに行くので、その時はよろしくね!
Commented by オカン at 2018-02-17 15:35 x
そるたん、安らかに。
幸せな一生でしたね。
毎日、心配しながらも見守ることしかできませんでした。
ママがついてるから大丈夫って。
そるたん、ママに抱っこしてもらって、天国へ旅立てたこと、本当に親孝行でしたね。
ママが最後まで一緒にいられて、
オカンは本当に良かったと思います。
悲しいけれど、そるたんの冥福をお祈りします。
そるたんママ、
体調を崩されませんように。
Commented by sortan at 2018-02-17 16:00
> らむお母様
お見送り、ありがとうございます。

こちらは、時々日が射して、火葬炉のすぐ横の川面がキラキラしておりました。
多分、そちらと同じようなお天気。
でも、ぱらっとは来なかったです。
風がちょっと強かったので、涙はそちらに飛ばされたのですね。

そるたん、今頃は持ってったおやつでみんなに引っ越し挨拶してるかな?
Commented by sortan at 2018-02-17 16:11
> オカン様
見守ってくださり、ありがとうございました。
いつもベタベタ一緒に居たので、「これで肝心な時にだけそばに居なかったらどうしよう?」
と案じておりました。
無事、看取らせてくれて、本当に本当に親孝行です。
悲しくてと言うより、ほっとして、インフルエンザにかからないように気をつけなきゃ。
ところで、フジコさんはお元気ですか?
Commented by tink at 2018-02-24 22:43 x
私が、毎日、想像してました。
愛犬が亡くなった瞬間の時を。
考えただけで辛くて、涙があふれてきました。
その度に、「嫌だ!!」って思って逃げたい心境に。
ショックに耐えられるか?って怯えていました。
こんな事だったら、こんなに愛しい存在なんて居ない方が良かった。とか思ったりしました。
今の、ママさんのお気持ちを考えたら。辛いです。
でも、自分じゃ無いんですよね。
ソルたんにとって、どれほど幸せだったかなんだと思います。
あまり落ち込んで体を壊さないで下さいね。
Commented by sortan at 2018-02-25 10:47
> tink様
コメントありがとうございます。
ティンクママさんが、ますます色々想像してショックを受けてるんじゃないかと
こちらが心配になっちゃいます。
ティンク君は、まだまだ長生きするから、今から心配し過ぎちゃだめですよ!

私も、ペットロスになる確信があったので、
そるたんの闘病中に色々調べてました。
どうしたら、ペットロスを深刻化させないでいられるか。

まずは、心残りのない介護。
「あれもしてあげれば良かった」という事柄が多いほど、
後悔の念で自分を責めることになる。
経済的、時間的に許される範囲で、出来ることはどんどんしました。

もう一つは、最期の瞬間に立ち会う事。

もう、これは、心配でしたよ~。
知らないうちに逝かれちゃったら、立ち直れない・・・と、
毎日ハラハラドキドキでした。
そるたん自身も気が付かないような、
眠ってるうちに心臓が止まっちゃうような大往生だったら、
それでもいいんです。
でも、「そるたんは苦しんでるのに、私がそばに居なかったらどうしよう」って。
そるたんが大分弱ってきてからは、とにかく24時間べったりでした。
私がお風呂に入ってる時間は、パパに監視役を頼んで。
なので、そるたんが息を引き取った時、
悲しいよりもほっとした方が先だったかもしれません。
腕の中で逝ってくれて、本当にありがとう。

そるたんが逝く時間をしっかり選んでくれたおかげで、
長ーく終活してくれたおかげで、
今は、怖れていたほどの精神状態ではありません。
そるたんは、ちゃんと、ママが耐えられるように、
色々頑張ってくれました。
そるたん、「逝く日はオリンピック中」って決めてたのかなぁ。
応援して、メダルが取れると、そるたんがいないことを一瞬忘れました。

Commented by tink at 2018-02-25 19:10 x
お気遣いありがとうございます。
その通りですね。
私も同じ考えです。1.後悔しないようにする2.最期は、一緒に。
ただ、私の場合は仕事もあって、私が帰宅した時に亡くなって居たら・・って何度も想像してしまい、帰る度に、怖いです。
おそるおそる近づいて行って、息をしてる事が確認出来るとドッと安堵します。
うちの場合は、そんな日が来るかも・・と、もう一年位前から、既に・・プチ「ペットロス」です。(汗)
今は、老犬なので。ヨロヨロしてますが。
私自身も、心の準備と言うか、「急に逝かれるよりも」精神状態を自分で何とかしようと覚悟しています。
ティンクにも、「沢山、ママの手をやかせて(介護させて)ね」と言ってます。
介護に疲れる程、「もう、疲れたよ」って思える程。
でも・・ソルたんママさんは、後悔の無いほどの介護が出来て、最期が一緒に居られて良かったですね。少し安心しました。。。。
Commented by sortan at 2018-02-25 19:25
> tink様
お仕事してると心配ですよね。
ティンク君にしっかりお願いするしかないですね。
「ママがいない時に一人でどこかへ行かないでね。」
「そばにいて欲しい日は、ちゃんとママに知らせてね。」
「ママ、仮病でもなんでもしてお仕事休むからね。」

そるたんにも、日ごろからよく頼んでいたのですよ。
私は仕事はしていないけど、万が一たまたま出かけている時に逝かれたら
絶対嫌だと思ってましたから。
<< そるたん虹の橋のたもとへ出発 退屈なママ >>